チップ必要?海外でのレストラン利用時の流れと注意したいポイント

海外のレストランを利用する時の流れと注意事項

 

海外、とくに欧米などの高級レストランに行く際は、日本での利用と若干異なる点があります。

 

そこでここでは、欧米のレストランに行く際の流れについてざっくり説明したいと思います。

 

 

紹介内容

次の場合の注意事項について説明します。

  • 予約時
  • 入店時
  • 注文時
  • 会計時

予約する際の注意事項・ポイント

 

欧米を中心とした中級〜高級レストランでは来店前に予約が必要です。
特に高級レストランでは予約していないと空いていても入れないことがあるので、必須と言ってもいいかもしれません。

 

予約は電話で行うのが一般的で、そのときに席がどのようなところ(サンセットの見える窓際など)がいいかも告げておきます。

 

 

なお、予約時の電話に自信がない場合は、宿泊ホテルのコンシェルジュに頼んで予約してもらうか、グルヤクのような日本語で海外レストランを予約できるサイトをつかえば良いと思います。

 


レストラン入店時の注意事項・ポイント

 

レストランにクロークがある場合は、クロークに荷物を預けましょう。

 

また、自分から勝手に着席してはいけません。係員に案内される席に着席します。
この際、案内された席が気に入らなければ変えてもらうことは可能です。

 

なお、案内された席で最初に係員がイスを引いた席が上座になります。
欧米ではレディーファーストの習慣があるので、男女同伴ならば、上座(先にイスが引かれた席)には女性が座るのが一般的です。

注文時の注意事項・ポイント

 

各テーブルには担当のウェイター・ウエイトレスがいるので、その人を呼び、注文します。

 

注文する料理としては、一般的には飲み物を頼んだ後に、前菜・スープ・メイン・サラダから1品ずつ頼みます。

 

ただ、一々選ぶのが面倒でしたら、
『シェフのお任せコース』『今日のオススメコース』のようなものが
たいていのレストランにありますので、それを頼めばOKです。

 

 

なお、

  • 前菜はいらない!
  • サラダはいらない!

ということであっても特に問題はありません。基本、好きに頼んでOKです。
飲み物も必要なければ頼まなくても大丈夫です。

 

ただ、海外では水は注文しなければでてこないので、欲しいときは注文しましょう。

 

また、何も言わないと炭酸入りの水が出てくることが多いので、
普通の水が欲しい場合は炭酸ガスなし(non gas water ノン ガス ウォーター)を頼みましょう。

 


会計時の注意点・ポイント

 

お会計はテーブルですまします。

 

手を上げて担当のウェイター・ウエイトレスを呼び、
「お会計お願いします=check please」と言えばOKです。

 

サービスに不満がなければ、チップをテーブルに置いておきましょう。
目安としては請求金額の10〜15%です。

 

担当してくれたウェイター・ウエイトレスの収入になります。

 

 

ただし、以下の場合には不要です。

  • 請求額にサービス料が含まれている場合
  • サービスの質が悪く、不快な思いをした場合

 

 

なお、クレジットカードで支払いをする場合は、伝票と一緒にカードを置くと、ウェイター・ウエイトレスがレジまで持って行きます。

 

そしてカードとカード伝票を持ってきます。

 

 

料金を確認し、チップの欄(Tip Amount)にチップの金額をかきます。
さらにその下の合計金額の欄(Total Amount)に料理とチップの料金を合計した金額を書き入れます。

 

不正防止のために、数字の頭に通貨単位(ドルだったら$)を書き入れ、最後に"-"を記入します。


【まとめ】海外でレストランを利用する際の流れ・注意点について

 

海外でレストランを利用する際の注意するべき点・ポイントについてまとめました。

 

気を付けるべき点は

  • 基本予約が必要。飛び込みはNGであること
  • 注文・頼み事は担当のウェイター・ウエイトレスにすること
  • 会計時はサービスに問題がなければチップが払うこと

といったところです。

 

そこまで『絶対守らないと!』と構える必要はありませんが、
チップについてはウェイター・ウエイトレスの収入になりますので、
不満がなければ払ってあげて欲しいところです。

 

また、英語での電話予約が不安でしたら、ホテルのコンシェルジュに頼むか日本語で予約出来るサイト(グルヤクなど)を使いましょう。

 

英語が通じていなくて『予約取れていると思って行ってみたけど、実は英語が通じていなくて予約とれていませんでした』なんてなってしまったら悲惨なので。